主婦のチャットレディが扶養から外れないように働き続けるには?

主婦のチャットレディが扶養から外れないように働き続けるには?

主婦のチャットレディが扶養から外れないように働き続けるには?

チャットレディの仕事が楽しくてもっと稼ぎたい!でも扶養から外れたくない

シングル女性がチャットレディの仕事をする場合は、自分のやる気さえあればどんどん稼ぐことはできます。自分で稼ぐお金ですから、収入の制限もなく、確定申告ではありのままに申告すればそれで良いです。
しかし、家庭の主婦がチャットレディの仕事を行う場合、1つ注意点があります。
それは、夫の扶養家族となっている場合、年間の収入・所得には制限があることです。
そのため、意気込んで稼ぎ過ぎてしまうと、夫の扶養から外れる可能性も出てきます。

雇用形態がパートの場合は、その年収が103万円以下であれば大丈夫ですが、さらに130万円の壁があります。
この130万円の壁とは、何を意味するものかご存知でしょうか。
パートの年収が130万円を超えてしまうと、国民年金第3号と健康保険の被扶養者としての資格を喪失することになります。

チャットレディの場合はパートやアルバイトとして雇用されるわけではありません。独立した個人事業主であり、ライブチャット運営会社との委任契約を結んだ形での働き方です。
中には「パートと同じように年間で103万円か130万円までの収入なら大丈夫」と認識する人もいます。
しかし、年収から必要経費を差し引いた金額が38万円以上の場合は、要注意です。
パートの場合は、103万円の年収から65万円を引いた金額の38万円です。しかし、個人事業主の場合は青色申告事業者でない限りは、こんなに経費を落とすことはまずないでしょう。

 

夫の扶養の範囲内で計画的に仕事をするのが最善策

チャットレディが主婦であるか、独身であるかによっても働き方が変わってきます。
先ほどもお伝えした通り、結婚したら夫の扶養家族となって働く女性が多く、それを維持するには年収・取得の一定ラインが設けられているからです。

結論から言えば、家庭の主婦が今後もずっと夫の扶養家族であり続けるためには、年収から必要経費を差し引いた金額が38万円を超えないように働くことです。
しかし、それではあまりにも物足りたいと思うなら、130万円の壁は絶対に守ることです。

中には、このような捉え方をする女性もいます。
「チャットレディって、事業所にはマイナンバーの申告義務がないから、確定申告で収入を少なめに書いてもいいかな。」
しかし、過少申告をするのはNG、ありのままに正しく申告しましょう。

「夫の扶養家族になって抑え気味に働きたくない。もっとがっつり稼ぎたい」そのような人は、むしろ扶養から外れたほうが良いかもしれませんね。

 

私がライブでゴーゴーのチャットレディを選んだ理由とは?

ライブでゴーゴーの募集内容詳細はコチラ

 

 

チャットレディの初心者ガイド

@仕事内容について Aこんな方にお勧め B種類について C登録方法について
チャットレディはやりがいのある仕事チャットレディはやりがいのある仕事 チャットレディの適性とは?こんな女性に向いています適性とは?こんな女性に向いています チャットレディの仕事の種別についてチャットレディの仕事の種別について チャットレディに登録して仕事を始めるまでチャットレディに登録して仕事を始めるまで
D報酬について E稼ぐポイントは? F気を付ける事は? G最後に
チャットレディの給料の仕組みはシンプルチャットレディの給料の仕組みはシンプル 初心者のチャットレディでも上手に稼げます初心者のチャットレディでも上手に稼げます チャットレディが男性会員との接し方での注意点とは男性会員との接し方での注意点とは チャットレディは楽しい仕事!チャットレディは楽しい仕事!